プロフィール

スズキミホ

Author:スズキミホ
横浜市青葉区の陶芸工房
「喜寄窯」で作陶してます
2010年10月23日生まれの
ルイも仲間入りしました!
喜寄窯H.P ↓
http://kiyorigama.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ blogranking大

晴れ、ときどき、、、キヨリガマ
陶芸工房<喜寄窯>の陶芸ライフ&育児&その他のコトを綴っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窯出し その後
窯出しはいちばんワクワクドキドキする作業です
が すべてがパーフェクトというわけにはいきません

釉薬のかかり具合や窯に置く位置やそのときの焼き具合などで
思ったようにいかないときや 思った以上になるときがあります
それを楽しめないと 陶芸って やってて苦痛になることもあるかもです

ウチは電気窯の酸化焼成なので リスクは少ないのですが
温度や濃さなどにより釉薬が流れ落ちてしまうこともしばしばあります

焼くときは棚板という板に作品をのせ ツクという柱を立て
その上にまた棚板をつんでいくのですが
釉薬が流れてしまうと作品、棚板ともにキズになってしまいます

今回の犯人は わたしの花入れでした...
棚板
くっついた作品を棚板からはがします

棚板2
流れてこびりついた釉をグラインダで削りとります

棚板3
いなくなりました 
残ってると次の窯焚きのとき再度融けてまた他のコにくっつくかも

棚板4
削ったあとは アルミナでコーティング

棚板5
あとは乾かして修復完了!

棚板6
花入れのほうもガビガビを削って完成

今日は棚板の修復作業を紹介してみました!


ランキングに参加しています
よろしかったらクリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント
職人ですね~☆
グラインダ使ったり…職人ですね、陶芸家も。

なにか芸術家って魔法使いみたいです(笑)。
【2008/08/24 02:50】 URL | vita #- [ 編集]


>vitaさん
魔法使いって響きはなんだかステキですね
その前に芸術家かどうかがアヤシイもんですが...
グラインダも木槌も金槌も使いますよ~
【2008/08/24 13:59】 URL | スズキミホ #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://kiyorigama.blog59.fc2.com/tb.php/12-2fda4509
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。