プロフィール

スズキミホ

Author:スズキミホ
横浜市青葉区の陶芸工房
「喜寄窯」で作陶してます
2010年10月23日生まれの
ルイも仲間入りしました!
喜寄窯H.P ↓
http://kiyorigama.com/

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ blogranking大

晴れ、ときどき、、、キヨリガマ
陶芸工房<喜寄窯>の陶芸ライフ&育児&その他のコトを綴っていきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見守り見守られながら...
前回に引き続き サツマイモのお花 サツマ子ちゃんと名付けました
(名付けのセンス 非常に悪いです...)
葉っぱもイキイキしてきて だいたい一日でお花は終わってしまうのですが
新しいつぼみがどんどん開いてくれて 毎日表情が変わります

そんなサツマ子ちゃんを見守り そしてサツマ子ちゃんに見守られつつ
クリスマスツリーの制作に励んでいます
ツリー
この日はひとりぼっちになってしまいましたが つぼみがいくつも待機中

ツリー2
昨日のつぼみがひらきました! またしてもあらたなつぼみが...!!

そして...チラリと写ってるツリーたちの進行状況が遅いのバレますね...
粘土のかたさを調節しながらの作業なので一気に進めることができないのです


そして 土曜日は「創遊展」をみに北鎌倉にいってきました
ただいま2期目のグループが展示中です

ツリー3
仕事がたまってしまっているので トンボ帰りでしたが...この日の収穫! 
飴釉がいいかんじのゆうこりん作のフリーカップ
そして 常設のものらしいステンレスのスプーン 
スプーンは型モノのようですが一目惚れでアイス食べるのにぴったりかなと♪


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking



スポンサーサイト

テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

めずらしいお花
昨日 工房に来てくれてる方が持ってきてくれました
全然知らなかったのですが 相当めずらしいみたいですよ

なんのお花かわかりますか?
いも
サツマイモのお花なんだそうです
おイモのほうが身近過ぎて そういえば花見たことないねってはなしですが 
なかなかお花はつかないものらしいです


さて 今年もそろそろクリスマスツリーの制作に取りかかり始めました
自分的に 毎年バージョンアップを図ってるつもりですが
つくり始めはなかなかスムーズにはいかないものです...
いも2
2008年の第1号はこんなかんじになりました
いくつかつくってるうちにだんだん調子があがってくることを願って!!


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

残念!!
ウチの窯出しをしたところ 今回の自分のは ほぼ全滅でした...
もう 途中で投げ出して次の日に続きを出したくらい 次の日やっても
結果は一緒ですけどね(みなさんの作品はよかったんですけど...)
焼き時間と釉薬をもう一度考えてみたほうがいいようです

なので 引き続き焼き〆の我がコたちを紹介したいと思います
比較的写真うつりのよいコたちです(笑)
作品4-1
灰が被って融けたところと火が走ったとこの色のバランスがわりとよいかんじ

作品4-2
とても好きな色合いです カサカサとしているので食器以外のもののほうが
安心して使えるかもしれません...が このコは水がしみてきます...
花器としては致命的! とりあえず治療中です

作品4-3
このコはしっかりと焼き締まったいいコです
彫り模様の雰囲気とも合ってるかなー と自画自賛です


オマケのコーヒータイム
P1010293_convert_20081019172950.jpg
先日ウチの一員となったtoukaさんカップ
シンプルで味がある...憧れですが なかなかたどり着けないところです


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

ようこそ!
昨日から開催されている「白陶華」展に toukaさん&toukaさん作品に会いに 
たまプラーザの<ギャラリー寛>さんにお邪魔しました
toukaさんご在廊で とっても緊張しましたが 明るくやさしい方でした
ギャラリーもとてもステキな空間でオーナーのhiroさんも気さくで楽しい方でした
ちょうど居合わせたオリーブさんもキレイな方でステキなブログを綴っています

出会いはひとだけではありません
素晴らしい作品が並んでいました その中から...
touka作品
この角皿と カップをウチに連れて帰ってきました

ホントは洒落たオードブルを何種か盛るのに似合いそうなのですが...
時間と空腹具合により ピーマンの葉入り塩焼きそばがのりました...
touka作品 2
嬉しくてとにかくすぐに使ってみたかったもので...
余談ですが ピーマンの葉っぱって実よりも栄養価が高いそうです

toukaさんカップで飲みたくて ちょっといいコーヒー買って帰ったのですが
ゆっくりするヒマがあまりなく まだ待機中です(ゆったり飲む時用です!)

ウチにお気に入りの器がまた増えました
これを機に そろそろマジメにお料理も作りたいと思います

「白陶華」展は ギャラリー寛さんにて10月17日~26日まで開催してます


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking



テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

創遊展
もう始まっているのですが 展示会のお知らせです

先輩方が輪を広げ だいたい年1回で催されるグループ展「創遊展」に
数年前から参加させていただいています

去年もそうでしたが 今年も北鎌倉の<かまくら陶芸館>にて
2ヶ月半ほどを5期に分けて開催中です
告知が遅くなり 1期目は明日で終了となってしまいますが...

いろんな繋がりで集まったメンバーの展示会で多種多様な作品が並びます
これから紅葉など ますますよい季節となっていきます
鎌倉方面にお出かけの方は ぜひ足を伸ばして あるいは寄り道して
立ち寄っていただけたらと思います

喜寄窯からは わたしを含め3名の参加となりました
わたしたちのグループは 11月29日~12月14日の5期目です

P1010268_convert_20081016175349.jpg
<創遊展 20008>
 11:00~16:00 月曜休館(月曜が祭日の場合火曜休館)
  1期目  10月4日~10月17日     
 2期目  10月18日~10月31日     
 3期目  11月 1日~11月14日       
 4期目  11月15日~11月28日    
 5期目  11月29日~12月14日     
かまくら陶芸館  鎌倉市山の内1385-3   0467-24-9534
北鎌倉駅下車徒歩3分 鎌倉方面に歩いたら右手 東慶寺そばです


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking



テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

こんなふうになりました
スキマ埋めたい症候群の餌食になった我がコたちはこんな姿で帰ってきました

作品3-1
なんとなく力強いかんじにあがりました

作品3-2
このコたちは予想外の姿になりましたが なんかいいかも!って思っています

作品3-3
以前紹介した生タマゴが焼きタマゴになりました
焼き色のきれいな粘土ではありますが 焼き締まりがあまいようで
水がしみてきます この粘土でつくったコたちはみんな水漏れがありました

少しずつですが 置いたところが傷つかないように底を処理したり
水漏れチェックして補修したりしています

11月の終わりから12月の2週目まで北鎌倉でグループ展があるので
そのときにいくつか連れて行けたらいいなと思っています


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

焼き〆作品 2
みなさんの作品で 特にいいかんじの焼き色だなーと思ったものを紹介します
あらためて 火の力ってすごいなぁ って思います

作品2-1
やさしいかんじの焼き色がついています

作品2-2
オブジェのつもりが いかにもカエルさんらしくなりましたね
今回はじめてわかったのですが かかった灰が融けやすい粘土だったようです

作品2-3
こちらも灰がよく融けています なんともいえないキレイな色がでました

作品2-4
写真ではわかりにくいかもですが なんだかかわったかんじの焼き色です
こんなのもおもしろくていいなと思います

紹介しきれなかったものも それぞれよいかんじに焼き上がってると思います

焼き〆はとっても奥が深く 何度やってもよくわかっていませんし 
いろんな意味で難しいです でもそのぶんおもしろみがあります
こういったことに参加する機会を与えてくださった方からは
「真剣に取り組み多いに楽しむこと」を教わったと思っています


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

焼き〆作品
ウチから出発したコたちはみんな無事に帰ってきました
穴窯参加のみなさんや見守ってくれた方や窯の神様に感謝です

毎回違うのは承知の上ですが 今回は特にイメージとはぜんぜん違った焼きに
なったと思います いい意味でイメージを裏切られたというかんじ...

ウチで作陶してくださってる方々の作品をちょこっと紹介したいと思います
作品1
全員集合 ただいまー

作品2
赤土はこんなかんじの焼き上がりになりましたよ

作品3
同じカップでも 作るひとそれぞれの個性がでてると思います

次回ももう少しみなさんの作品を紹介したいと思います

成長(?)して帰ってきた我がコに会ったときのみなさんの笑顔が楽しみです


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

穴窯の窯出し 
昨日 穴窯の窯出しに 再び沼津へ行ってきました

窯はだいぶ冷めていて ずっと入ってると汗ダクにはなりますが
いつもより作業が楽だったように思います

今回もご協力により窯出し風景の写真を撮っておいてもらえたので 
紹介したいと思います

焚き口から中をのぞいたところ
窯出し
奥のほうはどんなふうになってるかドキドキします...


窯出し2
隙間を埋めた目土やモルタルをはがしてから入り口のレンガをはずします


窯出し3
詰めに2日間かかりましたが それにくらべると出すときはあっという間です

窯出し5
窯から出てきた作品たちがどんどん並んでいきます

窯出し4
作品とともに出てきた棚板やツクなどは掃除・補修などして戻します
それぞれの分担や流れ作業で 気づけば もう終わってる!ってかんじです

窯出し6
出てきた作品を眺めつつ一喜一憂...(憂はそれほどなかったと思いますが)

そして 各おウチ別にチェック・梱包され帰り支度を整えます 
今回も大勢の参加で 2時間ほどで作業は終了しました

その後 窯場でお昼を兼ねた打ち上げをして解散しました お疲れさまでした!


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

穴窯後記 4
たいていいつもわたしは夜中の当番をやらせてもらいます
みんなでワイワイ焚くのも楽しくていいけど
周りが真っ暗な中や明け方にひとりでぼーっと窯と向き合ってるのも大好きです
窯の温度が順調でないときやなにか起こったときの不安もいっぱいですが...

眠気醒ましに夜のかんじを撮ってみました(やっぱり上手には撮れませんが)
穴窯4-1
煙道を走る炎のあかりとか

穴窯4-2
高温になってくると煙突からのぼる火柱とか

1200度超えた炎の光とか...言葉や写真では表せない美しさです

最終日とその前日には色見本として 焚いてる最中にいくつかの作品を
とりだします 先生の鮮やかな手さばきで全員無事に引出し成功!
穴窯4-3
何時間かおきに出した(左から)1号・2号・3号引出し
急冷のため 他の作品とは違った独特の色みです 
その後 さらに4号・5号を引出し釉が融けてるのを確認して焚き終えました

最後に みんながだいぶ壊れかけてきたころの記念撮影
穴窯4-4
自分的にはかなりポーズはキマってると思いますが あやしいツーショット

最後の薪をくべたあと焚口やダンパーなどをしめて終了です
今回は約100時間焚き続けました みんなよく焼けてますように!!
一週間ほど冷ましてから窯出しです お疲れさまでした!!

ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

穴窯後記 3
それだけではありませんが 薪は主に松を使っています 
ここでは写真の量を1パレットとして数えます

穴窯3-1
あぶりの木っ端を除き 今回は約6パレット弱ほどの薪をくべました

穴窯3-2
煙突からのけむり 町中ではなかなかできないことですね

穴窯3-3
温度があがったら下をしめ 上から薪を投げ入れていきます
全体の温度や状態をみながら だいたい4日4晩交代で焚き続けます

ところで 合宿しながらの窯焚きは詰めや焚きだけが仕事ではありません
穴窯3-4
薪を運んだり 掃除をしたり

穴窯3-5
食事やお茶の準備もあります

たくさんのひとの協力を得て成り立っているんだなぁとつくづく感じます
今回は特に食事の準備やお掃除を主に受け持ってくださった方々が多く
たいへん充実した食生活と快適な環境で過ごすことができました

ほんとにありがたいことです ...でも.....
規則正しい生活とおいしいゴハンとでまた今回も太っちゃいました~
                                                   ーつづくー


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

穴窯後記 2
2日目です
前日やった3段目を全部詰めなおすことに決まりるも またもや
0型パワー(?)による脅威の早さで再復活!!

穴窯2-1
窯詰め終了 奥から手前に4段棚組し 火前に大物等が並びました

穴窯2-2
薪をくべる口はあけて レンガで入り口を塞ぎ隙間を埋めます 
焚き口に蓋をとりつけてから いよいよ焚きにはいります

穴窯2-3
お酒 お塩 お米を捧げ 窯の神様にご挨拶をしてから火入れです

穴窯2-4
はじめはあぶりの段階です 下の口からの焚き火で窯の温度を徐々に
あげていきます ここからは交代で火の番がはじまります
                                                   ーつづくー


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね
にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking


テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用

穴窯後記
一昨日 夜に無事火がとまり戻ってきました
今回の窯焚きは 初日・二日目は搬入もあり いつも通り大勢いましたが
それ以降は わたしも一日帰宅したので 一時は最高(最低)3名になり
それからふたり戻り 最終的に5名という 少人数の窯焚きでした

みなさんの協力のおかげで わたしがみえなかったところの写真も
撮っておいてもらえました
それぞれの団体や窯で 作業方法や焚きは違うと思います
わたしが参加させてもらってる窯焚きはこんなかんじで行われます

こちらが今回の主役の穴窯です 
穴窯1
詰める前からっぽの状態 いよいよスタートです

穴窯2
仲間内の工房や教室から作品が集まります

穴窯5
土の種類や形により奥から順番に詰めていきます
窯に入れるのは2~4人くらいで あとは窯の外での分担作業となります
全体をみて指示を出してもらい 2人が詰め・棚組し 2人がその補佐と
外との連絡係をするかんじですすめていきます 

穴窯3
例外もありますが ほとんど全部の作品の裏や蓋に目土(道具土)という
とけない粘土で足をつけ 底がくっつかないようにして詰めていきます

穴窯4
窯の外では作品にあった高さのツクを探したり 棚板を運んだり
入り頃の作品をみつけたりしています

穴窯6
だいたいいつも窯詰めに2日間かかります 奥2段積み終わったところ
手前にあと1段積んで初日の作業は終了しました

今回はいつもより早い進行状況だったのですが その理由として話題になったのは
たまたまですが 今回窯に入ったひとたちはO型が多かったのです(わたしも含む)
おおざっぱで感覚的ということなんでしょうか...んー たしかに...!?

              ーつづくー


ランキングに参加しています
↓ よろしかったら クリックしてくださいね

にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

blogranking



テーマ:陶芸 - ジャンル:趣味・実用


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。